初心者映像ノート

映像の種類2

テレビにおいて映像の放送形態は複数存在します。特に近年では通信機器や映像機器の発達によって映像の細分化が起こり、様々なサービスも発生しました。その技術形態もさる事ながら、一昔前まではブラウン管を使っていたのが液晶やプラズマに代わり、今では携帯電話ですらテレビの映像を観れる時代になりました。では、様々な映像を送り出す放送形態とはどういったモノなのでしょうか。それぞれの種類を簡単にご紹介いたします。

地上アナログ放送

殆んどの地域ではまだ放送が行なわれている放送形態で、そのなの通り映像をアナログ波で送信・受信する事で放送を行ないます。このアナログ波の特長は電波が強ければ強いほど遠くに映像や音声を送ることができます。しかし映像や音声の劣化も酷く近くに障害物や送電塔があるとすぐに劣化してしまうデメリットが有ります。しかし、最近では増加する携帯電話の通話帯域確保するためにアナログ放送を終了することが決まっており、政府主導で2011年の7月24日までに完全デジタル移行に行なう事になっています。

地上デジタル放送

2011年の7月24日までにアナログ放送からの切り替えを推奨している放送方式で、現在の地上アナログ放送のテレビはこの日から一斉にデジタルへと切り替わります。このデジタル放送への移行はそれなりにメリットがあり、通信方式の違いによる映像の画質向上や、番組の簡単な紹介やクイズ番組への参加が出来るデータ放送があります。また一部の放送局では送信映像に「デジタルハイビジョン」を放送するテレビ会社も出てきており、映像の品質向上は止まるところをしりません。また最近では一部のテレビに合わせて「フルハイビジョン」と言う従来よりも更に、極め細やかで鮮明な映像を放送する所も現れました。

最終更新日:2015/4/30

Copyright (C)初心者映像ノート 2009 All rights reserved.